神奈川県綾瀬市の武内歯科。一般治療(虫歯・歯周病等)、予防歯科はおまかせください。キッズルームあり。在宅サービスとして訪問歯科・往診歯科も対応しています。

医療法人社団 武内歯科医院 神奈川県綾瀬市の武内歯科医院です
かんたん今すぐネット予約
MENU

インプラント

インプラント

インプラントとは

入れ歯の不自由さを解消する治療法

インプラントとは、歯の失われた場所に歯の根に代わるもの(人工の歯根)を植え込み、それが骨としっかり付いた段階で人工の歯を接合する治療法です。
インプラントが登場する前までは、なくなった歯の数が少ない場合はブリッジ、多い場合は入れ歯を選択することがほとんどでした。
しかし最近では、入れ歯に不自由していた方や、ブリッジで歯を削ることによるダメージを懸念された方などが、インプラントを選ばれることが増えています。

▼治療法の比較

<両側の奥歯がない例>

部分入れ歯痛みや異物感があります。
入れ歯を止めるつめが目立ちます。つめのかかっている歯に負担がかかります。

ブリッジ両隣の歯を削りブリッジを入れます。健康な歯を削らなければなりません。
歯の無い部分の負担が土台となる歯にかかります。

インプラント歯の無い部分だけインプラントにしますから、健康な歯を削りません。
取り外しの必要がありません。外見も使用感も自然です。

◎インプラントで得られる効果
不自由さからの開放

入れ歯を使いこなすためには、それなりの努力が必要になります。天然の歯と同じように使いこなすことはできませんから、患者さんは様々なストレスを感じることもあるようです。インプラント最大の効果は、この入れ歯の不自由さ、うっとうしさから開放されることでしょう。

若さを取り戻す

インプラントはお口の中に固定されていますから、慣れたり使いこなしたりすることに特別な努力は必要ありません。また、上下の歯がしっかりと噛み合わさるため、肩こりなどの症状も軽くなることがあります。精神的な効果も大きく、表情は明るく、全体的に生き生きとしてくる方が多いようです。

健康な歯を傷つけない

ブリッジという固定式の歯を入れる方法では、その両側の健全な歯を削らなくてはなりません。インプラントなら失われた歯だけを回復し、健康な歯はそのまま残すことができるので安心です。

歯ぐきや骨質を守る

人間の身体は使う部分は発達し、使わない部分は退化します。歯を抜いた後の歯ぐきがやせてしまうのは、そこに噛んだときの力が加わらなくなるためです。と同時に、骨質も弱くなっていきます。入れ歯による力は歯肉を介した間接的なものですから、骨を維持する効果はありません。インプラントによって再び骨に直接力が加わりだすと、骨はしっかりと充実し、それ以上の退化を防ぐことができます。

◆インプラント治療の流れ
1.相談および問診・診断用資料の収集
担当医に自分の希望を伝え、全身状態の問診や口腔内の状態を審査してもらいます。詳しく調べるためにレントゲン撮影や、歯型をとったりします。
2.治療方法、治療期間、治療費の説明と治療方針の選択
いわゆるインフォームド・コンセントです。資料をもとに治療計画をたて、具体的な内容について話し合います。
3.インプラント埋込
顎にインプラントを埋め込みます。
4.術後管理
抗生剤などの薬を服用し、消毒を行います。傷口が治ったら自分で歯ブラシを使い、丁寧に掃除します。
5.ヘッド装着、型取り
インプラントがしっかり骨についていることを確認したら、人工歯を取り付けるためのヘッドを装着し、人工歯の型取りをします。出来上がるまで7~10日前後かかります。
6.上部構造(人工歯)装着
セメントでつける方法と、ネジで止める方法があります。最近では磁石での取り付け法が注目されています。
7.定期健診
インプラントを長持ちさせるためには、メンテナンスは欠かせません。メンテナンスは大きく分けて、自分で行うホームケア(歯磨き)と歯科医院での専門的な歯のクリーニング(PMTC)があります。

インプラントを入れたことをきっかけに、歯科医院を健康管理のキーステーションとして活用し、全身の健康維持にお役立てください!

◆インプラントの費用について

インプラントは残念ながら保険の適用外ですが、当院ではインプラント治療を皆様に供給するため、国公立の大学病院よりも、さらに負担を抑えた料金設定で手術させていただいております。
また、処置にかかわる治療費や検査費については医療費控除の対象になり、税金が還付または軽減されます。詳しくはお問い合わせください。

【歯科医コラム ☆ インプラント手術の実際】

手術は怖い? 埋め込むってどういうこと?
安心してインプラント手術を受けていただくために

入れ歯の煩わしさ、不便さから解放されたい。でも手術は恐い――そんな方も多いのではないでしょうか?

インプラントは、歯の生えていた顎の骨の歯槽の部分に埋め込み手術をして、取り外し式ではなく、固定式の歯を再建します。まずそのサイズですが、本物の歯より一回り小さく、ちょうど木ネジの大きさをイメージして下さい。これらの多くは、チタンニウム製で、人工関節や、人工骨頭にも多用されているものです。

一方埋め込まれる顎の骨ですが、元々は歯が生えていた場所で、歯が抜けたことで、歯の植わっていたスペースが骨で満たされ塞がっています。ここに、麻酔をした後、超低速回転の機具で埋め込む処置をしますが、痛みは全くありません。また歯を削るタービンの様な音もしません。時間にして約3~5分でこのステップは終了です。

いつもは、患者さんをリラックスさせる為、医師が、“どうです? 全然痛くないでしょ”とか、“少し響きますよね?”などと話し掛けますが、患者さんご本人は軽くうなずかれている事が多いようです。(もちろん話せませんが)

次に、先ほどのステップで、骨に小さな穴を作りましたが、ここにネジの様な形のインプラントを植え込んでゆきます。これは、“ねじ込む”のではなく、緩やかに、回りながら埋まってゆきます。くどいようですが、痛みは、“ほとんど”ではなくて、全くありません。この間約数十秒から、一分。これで、終了です。

さて、埋め込んだインプラントと骨が完全に結合するまで、3ヶ月間このままで過ごします。当日、鎮痛剤(痛み止め)をお出ししていますが、8割の患者さんは、翌日の消毒にいらした時、“結局、痛み止めは飲みませんでした。”とおっしゃいます。

このインプラントに歯を取り付けて、本当の治療終了、歯のある人生の再スタートです!

インプラントについては、まだまだ不安や、分からないことが山ほどあると思います。遠慮なく、私たちにどのようなことでもお尋ねください。