神奈川県綾瀬市の武内歯科。一般治療(虫歯・歯周病等)、予防歯科はおまかせください。キッズルームあり。在宅サービスとして訪問歯科・往診歯科も対応しています。

医療法人社団 武内歯科医院 神奈川県綾瀬市の武内歯科医院です
かんたん今すぐネット予約
MENU

親知らずの治療

親知らずの治療

“親知らず”は、何故?抜かなければならないの?

親知らずとは、永久歯の中で遅い時期(20歳前後)に生えてくる8番目の歯(大臼歯)です。
しかしその多くは、歯が生えてくるためのスペースが足りず、半分埋まっていたり、完全に埋まったままになっているタイプがあります。

親知らずがお口の中で一部分だけ露出している状態にある場合は、ブラッシングがしにくく、隣の歯との隙間に歯垢、細菌が溜まることで虫歯や歯周病になったり、炎症を起こし智歯周囲炎という痛くて腫れあがってしまう症状を示すことがあります。
親知らずを抜く理由は、概ね2つあります。


①斜めや半分埋まってる為に、親知らずの周囲にバイキンが溜まって炎症を起こすのです。
消炎治療して炎症が治まったタイミングで親知らずを取り除いておく必要があります。

さらに、X線 写真(図1)の様に 親知らずが横になっていたり、斜めに生えている為に、隣にある大切な7番の背後には骨がありません。しかし親知らずを取り除いておけば、その空間が骨で置き換わります。親知らずの位置が悪い為に、隣の歯の骨がありません。こうしたケースでは、親知らずをより除くことで骨を作るのです。

図1

②親知らずを取り除き、骨を作る目的で抜くのです。

親知らずを抜くとき、普通の“歯を抜く”処置とは大きく異なります。
いわば顎の骨の中の手術ですから、先ずは、お口の中の歯周病など感染状態を無くして、口腔内を清潔な状態にしてから手術を行います。親知らずが、正常に生えており、他の歯と同じように機能している場合は、当然のことですが抜く必要はありません。

図2