神奈川県綾瀬市の武内歯科。一般治療(虫歯・歯周病等)、予防歯科はおまかせください。キッズルームあり。在宅サービスとして訪問歯科・往診歯科も対応しています。

神奈川県綾瀬市の武内歯科医院です

TEL0467-78-3020

平日:9:00~12:30 / 14:00~18:30
(土曜日午後5:30まで)休診日: 日曜・祝日

メールでお問い合わせ クレジットカードもOK

HOME > 歯周病治療

治療メニュー

歯周病治療

歯周病治療

9割の大人は、「歯周病」です

歯が抜ける一番の原因――歯周病とは?

歯が抜けるのは年をとったから? そうではありません。その原因の多くは、歯周病です。成人の90%以上の人に歯周病が見られます。中高年では歯を失う一番の原因です。
歯周病は、歯と歯肉とのあいだにプラーク(歯垢)が蓄積し、歯周病菌が増殖することで起こる、細菌感染症です。
歯周病菌は歯と歯肉のあいだの組織に炎症を起こします。組織は徐々に破壊されて行き、歯周ポケットから膿が出るようになります。さらに進行すると、歯を支えている骨(歯槽骨)の破壊が進み、ついには歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。

歯を失う原因

歯を失う原因

歯周病と全身との関係~ペリオシンドローム~

さらに歯周病菌は、歯周ポケットの傷口から血管に入り、血流にのって全身を回ります。歯周病菌の持つ毒素は全身の血管壁を日々障害し続け、全身疾患にも影響をおよぼすことが報告されています。このような現象を総称して、近年では「ペリオシンドローム(歯周病症候群)」という言葉も生まれています。

◎歯周病がひきおこす可能性のある症状
  • ・心臓血管疾患 ・動脈硬化 ・脳血管疾患
  • ・糖尿病 ・脂質異常症 ・肥満 ・骨粗しょう症
  • ・早産 ・低体重児出産

歯周病を放っておくと、死に至る?

全身の健康管理のためにも、歯周病の早期治療を

歯周病は単に口の中だけの病気ではなく、全身の健康と大いにかかわる病気でもあるのです。歯周病を予防し、もしかかってしまっても早期発見・早期治療でなおすことが、全身の健康管理のためにも大変重要です。

歯周病はむし歯と違って、重症にならなければこれといった症状がありません。これが治療を困難にしている原因です。ポケットが6~7mmまで深くなった状態で来院されても、元通りに完治するのは難しく、歯肉が痩せてしまったり、後遺症が残ります。ポケットが3~5mmのころまでが、完治が望める治療のターゲットです。

歯周病は、膿が出たり痛みが出るときはもう重症です。そうなる前、ほとんど自覚症状のないうちに治療をはじめるべきなのです。

◆歯周病は早期発見・治療が大切!
歯周病の特徴は、何といっても症状がわかりづらいこと。知らないうちに進行し、症状が進むまでなかなか自覚しにくい病気です。
(1)健康な歯ぐき ピンク色で引き締まっている

(1)健康な歯ぐき
ピンク色で引き締まっている

(2)歯肉炎 歯ぐきが腫れてきた

(2)歯肉炎
歯ぐきが腫れてきた

(3)軽度歯周炎 歯ぐきがすいてきた

(3)軽度歯周炎
歯ぐきがすいてきた

(4)中等度歯周炎 歯が長くなったようにみえる

(4)中等度歯周炎
歯が長くなったようにみえる

(5)重度歯周炎 歯がグラグラになった

(5)重度歯周炎
歯がグラグラになった

歯肉溝にプラークがたまり、歯肉に炎症が起こると、歯周病のはじまりです。
正常な歯の歯肉溝は2mm程度ですが、歯肉が炎症ではれ上がると溝が深くなり、ポケットができます。上の写真の(2)~(3)の状態で、ポケットの深さは約3~5mmです。
歯肉は赤みを帯び、歯ブラシにより出血します。

(4)~(5)の状態になると、歯肉のはれが大きくなり、歯周病菌が歯周組織に侵入し、歯を支える土台も破壊され始めます。ポケットの深さは約6~7mmと、さらに深くなり、プラークも中に張り付いていき、だ液中のカルシウムが沈着して歯石となり、歯の根を覆い始めます。この頃には、疲れると歯肉が腫れる、歯肉を押すと膿が出る、歯がぐらつく、強い腐敗臭、などの症状が出てきます。こうなる前に、より早い段階での処置をお勧めします。

歯周病治療はプラークコントロールから

1.自宅でできる基本のケア

歯周病治療のカギはプラークコントロール、そして基本は患者さんご自身による毎日のブラッシングです。歯科衛生士が貴方に合ったブラッシング方法を、マンツーマンでご指導いたします。

  • ●使いやすい歯ブラシを選ぶ
  • ●歯ブラシは歯と歯肉の境目に沿って、細かく動かす
  • ●歯科医・歯科衛生士の指導を受けて、自分に合った正しい歯みがきの方法をマスター
  • ●歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助清掃用具を活用

歯間ブラシ

歯間ブラシ

デンタルフロス

デンタルフロス

2.歯科医院での治療・ケア

歯肉炎が進んでしまった場合は、できるだけ早く歯科医院を受診してください。
細菌のかたまりであるプラーク(歯垢)は、付着後時間が経って古くなるほどに毒性を強め、歯面上に強固なネバネバ物質(バイオフィルム)を作り出し歯肉に炎症を起こします。歯周病の治療においては、このこびりついたバイオフィルムを徹底的に除去し、再生させないようにすることが大切です。
当院では、非常に熟練したスタッフが最新の機器を用いて、原因である歯周病菌、歯周病関連プラーク、歯石などを取り除き、着実に治癒に導きます。

■歯肉炎になった歯肉も、最新のケアで治すことができます!
BEFORE:歯肉が赤く腫れており、特に歯と歯の間は腫れあがっています。出血も所々に見られます。
BEFORE:歯肉が赤く腫れており、特に歯と歯の間は腫れあがっています。出血も所々に見られます。

AFTER:丁寧に歯みがきをはじめて20日後。歯肉の腫れもおさまり、すっかりよくなりました。
AFTER:丁寧に歯みがきをはじめて20日後。歯肉の腫れもおさまり、すっかりよくなりました。
◎歯周病治療・自由診療コースについて

当院では歯周病でお悩みのかたのために、特別な自由診療のコースを設定しております。
保険の適用範囲内で歯周病の初期治療を行なう場合、一回の処置(お口のお掃除)の量がルールにより決められており、すべてきれいになるまでに多くの通院回数と時間がかかってしまいます。その間に、ご家庭での毎日のセルフケアが十分でないと、更に治りが遅くなってしまいます。

当院の自由診療では

1. 週1回の通院で、歯周病菌検査・PMTCやエアーフローによるバイオフィルム除去・3DS・ホームケア等を効果的に組み合わせ、計7~10回程度で治療が完了します。
2. 1回の診療時間を十分にとり、集中的な治療を行ないます。

自由診療コースをご希望のかたは、お気軽にお問合せください。

【歯科医コラム ☆ 歯周病予防は生活習慣から】
歯周病は、「生活習慣病」!
予防のために、日常的に意識すべきこととは?
歯周病は、「生活習慣病」の一つです。かつて成人病と呼ばれていた脳卒中、動脈硬化、ガン、糖尿病などと同様、歯周病も、生活習慣を改善することが、なによりの治療となり、予防にもなります。毎日の生活の中に、歯周病を引き起こすいくつかの原因、リスク因子がひそんでいます。
そのリスク因子のなかでも、最も大きな影響があるのはタバコです。タバコが、成人のさまざまな慢性の病気の原因になっていることは、今や常識ですが、タバコを吸っている人と吸っていない人では歯周病のすすみ方、治り方がまるで違います。タバコは歯周病の進行をより速く、症状をよりひどくします。もし貴方が喫煙者なら、禁煙をお勧めします。
年を取ると、さまざまな病気とつきあうことになります。糖尿病は血液疾患や免疫疾患とならんで、歯周病と関連の深い病気です。糖尿病が歯周病を悪化させ、歯周病が糖尿病を悪化させる悪循環が起こります。骨の中のミネラルが少なくなってスカスカになる骨粗しょう症も、歯周病のリスク因子です。このほか抗高血圧薬や精神薬、ホルモン製剤などの薬の副作用も無視できません。年を取ると、どうしても慢性症状を抑えるために薬を常用する傾向がありますが、その薬の副作用が歯周病のリスクになっているのです。
食生活の改善もまた、歯周病の予防には大切な要素です。甘いもの、やわらかいものが中心の食生活を見直し、繊維質の野菜、ビタミンの豊富な食物をとり、バランスの良い食生活を心がけましょう。

お問い合わせ
お気軽にご相談
お問い合わせください。
TEL0467-78-3020
メールでのお問い合わせはこちら
学術部門の記録 TAKEUCHI DENTAL CLINIC
予防歯科をはじめ、学術機関などで講演などのご報告です。こうした活動は、当院での実際の臨床に余すところなく生かされております。
詳しくはこちら
著書の紹介 Books
当院歯科医師・スタッフ執筆による書籍をご紹介します。専門書ですが、よろしければ有名書店にてお求めください。
別冊 ザ・クインテッセンス インプラント YEARBOOK 2016 インプラント治療で生活習慣病を予防する ~咀嚼機能回復後の食習慣改善と栄養指導が導く健康寿命の延伸~
もっとみてみる
TOP