タグ別アーカイブ: インプラント

インプラントのメンテナンスは重要?費用や内容について詳しく解説!

皆さん、こんにちは。綾瀬市にある武内歯科医院です。

インプラント

「インプラントの寿命はどれくらい?」「口腔内の炎症に悩んでいる」「高額な医療費に困っている」このような考えや悩みを抱えていませんか?1本で30万円以上の費用がかかるインプラントは、基本的に10〜15年ほどで交換が必要です。

しかし、これはメンテナンスをしっかり行っていた場合の寿命です。使い続けることで劣化が進むため、定期的に口腔チェックや歯石の除去、歯磨き指導などが必要となりますが、場合によっては費用がかかることに注意しなければなりません。

この記事では、インプラントの寿命やメンテナンスの重要性、メンテナンスの内容と費用について詳しく解説します。

インプラントの寿命はどれくらい?

インプラント

インプラントはとても高額な治療ですが、埋め込んだ歯は永遠に使用できるわけではありません。

まずは、インプラントの寿命について解説していきます。

インプラントの寿命は10〜15年程度

インプラントの寿命は、メーカーや種類によってさまざまですが10〜15年程度が一般的です。

ただし、メンテナンスの頻度などによってインプラントの寿命は変わるため、10年よりも早く交換が必要になる場合もあります。歯を自分の歯茎に埋め込む治療のため、違和感も少なく自分の歯のように噛んだり話したりすることが可能ですが、医療保険が効かず自由診療であるため、高額になりがちです。1本30万円程度かかり、加えて年に2、3回のメンテナンスが必要になるため、維持費も高額になる傾向があります。

インプラントのメンテナンスの重要性

歯のピクトグラムと虫眼鏡と歯ブラシを持つ歯

メンテナンスはとても重要です。

メンテナンスには、クリーニングや病気の有無のチェックが含まれます。インプラントを長持ちさせるには、病気を予防することが一番大切です。そのため、メンテナンスで病気のチェックをすることは、インプラントの寿命を延ばすことに直結します。

ここからは、メンテナンスをしなければならない理由について、さらに詳しく掘り下げていきます。

歯周炎を予防するため

インプラントは人工の歯であるため、虫歯になることはありません。

しかし、インプラントにとって怖いのは「歯周炎」です。インプラント歯周炎は、インプラントの周りの歯茎が炎症を起こし、歯茎の腫れや出血、膿が出るなどの症状を引き起こす病気で、歯周病の前段階といわれています。歯周炎の原因は、口内の細菌です。細菌が集まると「バイオフィルム」という細菌の膜を作ります。 このバイオフィルムは、自分で歯磨きをするだけでは取れないため、とても厄介です。

歯周炎は、歯茎が腫れたり血が出たりという程度で、痛みなどの自覚症状がありません。そのため、自分では気がつかず、知らない間に歯周病にまで発展してしまうこともあります。

定期的に歯科医院でメンテナンスを行うことでバイオフィルムを除去し、歯周炎が重症化する前にケアをすることで、インプラントを長持ちさせることにつながります。

残っている自分の歯の健康を守るため

歯周炎になってしまうと、インプラントだけではなく、残っている自分の歯(残存歯)にも影響が出ます。歯周炎は放っておくと段々と口内の歯茎全体に広がっていくからです。

メンテナンスでは、インプラントと残存歯、歯茎の状態をトータルでチェックし、クリーニングや歯石の除去を行います。そのため、メンテナンスによって残存歯を健康的に維持することも可能になります。

歯周炎は、口内のどこにでも発症する可能性があります。歯周炎を放置すると、インプラントだけでなく自分の歯も抜けてしまう可能性があるため、メンテナンスは必ず受けることをおすすめします。

保証を受けられるようになる

インプラント治療には、一般的に保証期間が設けられています。埋め込んだ後に、故意による破損以外の不具合があった場合は無料で対応してもらうことが可能で、インプラントの種類やメーカーにもよりますが、保証期間はだいたい5~10年となっています。

しかし、この保証を受けるためには「メンテナンスをきちんと受けていること」が含まれる場合が多いです。あくまでも保証の対象は「故意による破損以外の不具合」であるため、メンテナンスを受けていない場合は、保証は受けられません。

インプラントは自由診療のため、保証が受けられないと交換も高額になります。不具合があった時のためにも、メンテナンスはしっかり受けておきましょう。

インプラントのメンテナンスの流れと通院頻度

インプラント

次に、インプラントのメンテナンス内容と頻度について詳しく解説をしていきます。

インプラントのメンテナンスの流れ

インプラントのメンテナンスは歯科医院によって異なりますが、次のようなことを実施します。

  • 噛み合わせ検査
  • 口内の健康状態チェック(歯周炎の有無、歯周ポケットのチェック)
  • レントゲン
  • クリーニング
  • ブラッシング指導

メンテナンスでは、主に口内の状態のチェックとクリーニング、ブラッシング指導に分かれます。

口内チェックでは、歯周炎の有無や歯周ポケットの深さをチェックします。ここで、一緒に噛み合わせの検査も行います。噛み合わせが悪いと、しっかり食べたり話したりすることができません。インプラントのメリットが最大限発揮できるよう、噛み合わせの調整も大切な工程です。もし、口内に歯周炎や虫歯などの異常があれば、そちらの治療を行いますが、異常がなければクリーニングを行います。クリーニングでは、セルフケアでは取りきれない歯石やバイオフィルムの除去がメインです。

最後に、歯磨きなどのセルフケアの指導を受けます。

定期的なメンテナンスを受けるといっても、一番大切なのは毎日のセルフケアです。うまく磨けていないところの磨き方や、使うグッズなどについて教えてもらうことができるため、インプラントを長持ちさせるためにもしっかり聞いておきましょう。

インプラントのメンテナンスの頻度は年に2〜3回

インプラントのメンテナンスは、だいたい年に2〜3回通います。インプラントを埋め込んで初期の頃だけ通えばいいというわけではなく、インプラントが入っている状態であれば、通い続けなければいけません。

インプラントの種類や歯科医院によっても頻度は変わるため、しっかりと確認をしておきましょう。

インプラントのメンテナンスにかかる費用

歯とコイン

年に2〜3回の通院で、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。自費診療で通院頻度も多いため、気になるところですよね。

インプラントのメンテナンス費用の相場は3,000~10,000円

歯科医院によってさまざまですが、インプラントのメンテナンス費用はだいたい3,000〜10,000円です。

インプラントは自費診療であり、医療保険は適応されません。そのため、インプラントのメンテナンスも通常全額自己負担となり、高額になる傾向があります。

医療費控除となるメンテナンスの費用

インプラントのメンテナンス費用は、場合によっては医療費控除という制度が適応になります。医療費控除とは、かかった医療費を一部返してもらうことができる制度です。

ただし、インプラントにかかった治療費すべてが控除の対象になるわけではありません。1年間でかかった医療費の合計が10万円を超えた場合は、超えた分が控除の対象になります。

インプラント治療にかかる費用の中で、控除に当てはまるのは次のような場合です。

  • 金などの一般的な歯科治療で使われる材料を使用したインプラントの治療費
  • 病気やけが、生まれつきなどで欠損した歯を補うための治療費
  • デンタルローンやクレジットカードを利用して支払った医療費
  • 歯科医院などの病院への通院する際にかかった公共交通機関の運賃

インプラント治療を受けたときは、医療費控除の対象となるかを歯科医院に確認しておきましょう。

(参照元:国税庁 医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例

インプラントの寿命を伸ばすためにできること

インプラント

インプラントの寿命を長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスはもちろんですが、毎日のセルフケアも大切です。

ここからは、インプラントを長持ちさせるために自分でできる対策について解説していきます。

歯磨きを丁寧に行う

一番大切なのは、歯磨きです。インプラントで虫歯の心配がなくても、歯周炎予防のためにはしっかり歯磨きをする必要があります。

しかし、力を入れてゴシゴシしすぎるとインプラントの表面が傷ついてしまう場合があるため、優しく表面を撫でるようにしましょう。歯茎も優しく磨くことで歯周ポケットまでケアすることができます。歯周ポケットに細菌がたまると歯周炎の原因になるため、歯と歯茎の間も意識して磨くことをおすすめします。

フロスを使う

歯と歯の間に糸のようなものを通して、汚れを絡めとるフロスも有効です。

セルフケアでは、インプラントや残存歯を傷つけることなく、汚れをしっかり除去することが大切なので、フロスを使う場合も優しく行ってください。

デンタルリンスを使う

デンタルリンスは、薬剤を口に含んでゆすぐことで口内の殺菌から消毒までできる優れものです。口臭予防に使われることが多いですが、インプラントにも有効です。出先などでも気軽に使えるので、ぜひ試してみてください。

しかし、インプラントを埋め込んですぐはデンタルリンスは使用できません。デンタルリンスを使用したいときは、歯科医師に確認をしておきましょう。

まとめ

インプラント

今回は、インプラントのメンテナンスについての解説をしました。

自分の歯のように噛んだり話したりできることがインプラントの最大のメリットですが、10〜15年で交換が必要で、年2〜3回のメンテナンスを受ける必要があります。メンテナンスやセルフケアをしっかり行うことで、インプラントのメリットを最大限に生かしつつ長持ちさせることが可能です。入れ歯と違い、インプラントは、今までと変わらない生活を実現することができるでしょう。しっかりメンテナンスをして、大事にしていきましょう。

インプラントでお悩みの方や不明点がございましたら、神奈川県綾瀬市にある武内歯科医院にお気軽にご相談ください!

 

インプラント治療で歯がない期間はどうする?治療の流れや気を付けることも解説

皆さん、こんにちは。綾瀬市にある武内歯科医院です。

白い歯と黒い歯

インプラント治療を検討しているけれど「インプラント治療は歯のない期間がある」と聞いて治療するか悩んではいませんか。なかには歯を失ったことやインプラント治療を周囲に知られたくないと考えている方もいるでしょう。歯がない期間があると、見た目が損なわれ、周囲に歯を失ったことを知られてしまいます。

そこで本記事では、インプラント治療で歯のない期間はあるのか?インプラント治療の流れとともに解説していきます。インプラント治療を検討中の方で、歯のない期間があるのか気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

インプラント治療中に歯がない期間はある?

抜歯

インプラント治療中には歯のない期間があります。

インプラント治療は、顎の骨にインプラント体(人工のネジ)を埋めたあとに、インプラント体が顎の骨にしっかりと固定されるまで待機期間を設けます。そのため、待機期間を含めた最終的な被せ物が入るまでの間は、歯がない状態で過ごすことが一般的です。

インプラント治療の流れ

歯科医

インプラント治療は、歯を失った際の選択肢としてあげられる「入れ歯」「ブリッジ」と比較して、治療期間が長期に渡ります。入れ歯・ブリッジの治療期間は1か月前後が目安ですが、インプラント治療の治療期間は3か月〜1年が目安です。インプラント治療は、治療完了までに多くの工程を踏まなくてはいけません。

ここでは、インプラント治療の流れを解説していきます。

カウンセリング

インプラント治療の不安や疑問点など、カウンセリングをおこなって聞き取りを行います。

理想像の共有など治療に対するズレが生じないように、歯科医師としっかりとコミュニケーションを取りましょう。ご自身が納得いく治療方針を歯科医師とともに固めていくことが大切です。

精密検査

インプラント治療をおこなうために必要な資料を集めます。虫歯や歯周病の有無やCT・レントゲン・口内写真・歯型などを撮影・採取します。

資料を確認しながら、歯科医師が治療計画や費用を策定し提案し、治療計画・費用に納得したら治療を開始します。

インプラント手術

歯茎を切って、顎の骨にインプラント体(人工のネジ)を埋めていきます。手術時間は、麻酔なども含めて1時間〜3時間が目安です。

インプラント手術には、外科的手術が1回の1回法と外科的手術が2回の2回法があります。どちらの方法を選択するかは、顎の骨や口内の状態から歯科医師が判断します。

1回法は、口内環境が良く、顎の骨の厚みや深さ・硬さが十分にある場合に採用される手術法です。インプラント体を埋める際に、インプラント体と被せ物をつなぐアバットメントまで装着した状態で歯茎を縫います。歯茎からアバットメント部分が出た状態で手術完了となります。

対して2回法は、顎の骨にインプラント体を埋めて歯茎を縫合します。インプラント体を埋めるのみの手術なので、歯茎からは何も出ていない状態です。骨造成を同時におこなう場合は、2回法が採用されるのが一般的といえます。1回法は、外科的手術が1回で済むので体への負担は少ないですが、アバットメント部分が露出しているので細菌の感染リスクが高くなります。

待機期間

インプラント手術完了後、インプラント体と顎の骨がしっかりと結合されるまで待機期間を設けるのが一般的です。待機期間を設けずに被せ物を被せてしまうと、インプラント体と顎の骨の結合がうまくいかないリスクが高まります。

待機期間は、個人差がありますが2〜6か月が目安です。待機期間中は「歯がない期間」となります。

インプラント2次オペ(2回法の場合)

インプラント手術の2回法が採用された場合、2回目の手術をおこないます。歯茎を切ってインプラント体にアバットメントを装着したあと、歯茎を縫合します。

手術時間は、麻酔なども含めて30分~1時間程度で終了する場合が多いです。

被せ物の型取り・装着

インプラント体が顎の骨にしっかりと固定されたら、被せ物の型取りをおこないます。噛み合わせや歯の形とあわせて色味などの希望も意見を擦りあわせながら決めていきます。

被せ物ができあがったら、アバットメントと被せ物を繋ぎます。噛み合わせを調整して、被せ物の色味や形など問題なければインプラント治療完了です。

歯のない期間はどれくらい?

虫歯と?のブロック

インプラント治療中の歯のない期間は、個人差やインプラントをおこなう部位により前後しますが、2〜6か月が目安です。

歯のない期間は、インプラント手術後のインプラント体と顎の骨が固定される待機期間に発生します。顎の骨に十分な厚みや深さ・硬さがあり状態が良いほど待機期間は短期間で済む場合が多いです。

一方、骨造成術を同時におこなった場合などは、待機期間が長くなります。

歯のない期間はどうする?

抜歯

インプラント治療中の歯のない期間は、仮歯を入れて対処する場合が多いです。

歯のない状態は、見た目が損なわれ日常生活に支障をきたしてしまいます。特に前歯の場合、人目につく部分なので歯がない状態のままでは精神的負担も増してしまうでしょう。待機期間中に仮歯を入れることは、審美性を保つほかにもさまざまな理由があります。

審美性や発音を保つため

インプラント治療中、仮歯が入れば審美性が保たれます。特に前歯の場合、人目につく部分なので、歯がない期間があると日常生活に大きな支障がでるでしょう。仮歯が入れば、歯を失ったことやインプラント治療中であることを周囲に気付かれるリスクも低くなります。

また、歯がない状態で過ごすと、発音にも支障がでる可能性が高いです。歯がないと舌がうまく動かせなかったり、歯がない部分から空気が漏れたりするので、聞きとりにくい発音になりかねません。

歯並び・噛み合わせを変化させないため

歯は、隣接や噛み合わせに隙間があると、傾斜したり伸びたりして隙間を埋めようとします。

インプラント治療中、歯がない期間は2〜6か月が目安です。この期間に仮歯を入れずに過ごしていると、歯は少しずつ移動して歯並び・噛み合わせが変化してしまいます。大きく歯が移動してしまうとインプラントの被せ物が入るスペースが不足してしまう場合もあり、注意が必要です。

歯が移動するのを防ぐためにも、歯がない期間は仮歯を入れておく必要があります。

傷口に刺激が加わるのを防ぐため

インプラント手術を終えた歯茎はとてもデリケートな状態です。そのため、外部からの刺激をなるべく与えないように過ごす必要があります。

待機期間中に歯がない状態で過ごしていると、飲食物の刺激やハブラシの刺激が傷口に直接伝わります。刺激を受けると、傷口の治りが悪くなったり炎症を起こしたりするリスクがあるので、仮歯は傷口を保護するためにも必要な処置といえるでしょう。

歯のない期間に気を付けること

ハミガキをする女性

インプラント治療中、歯のない期間は仮歯を入れるのが一般的です。歯のない仮歯の期間に気をつけることは2つあります。

  • 仮歯に強い力をかけ過ぎない
  • 仮歯や隣接歯など仮歯の周囲に汚れをためない

以下に、解説していきます。

仮歯に強い力をかけ過ぎない

仮歯は仮についている状態なので、歯の機能面の役割はほとんど果たしていません。そのため、硬いものや粘着性のあるものを食べると仮歯が欠けたり外れたりする可能性があります。ハブラシや歯間ブラシなどを使うときも、強い力で磨くと外れてしまうので注意が必要です。

歯のない期間は、硬い食べ物は仮歯の入っている部分で噛まないようにするなど工夫して過ごしましょう。

仮歯や隣接歯など仮歯の周囲に汚れをためない

仮歯の多くは、プラスチックで作られています。仮歯の表面は粗造なので汚れが残りやすいです。そのため、歯磨きをおろそかすると汚れが残ってしまいます。汚れが長期間残ったままの状態では、歯茎が細菌感染を起こして炎症する可能性が高くなります。

インプラント部分の歯茎が炎症を起こしてしまうとインプラント体が顎の骨にしっかりと固定されずインプラント体が抜け落ちてしまうリスクもあるので、ハブラシや歯間ブラシなどを使用して汚れを残さないようにしましょう。

まとめ

歯科医院

インプラント治療中は「歯のない期間」があります。審美面を気にする方にとって、歯のない期間があることはインプラント治療を受けるか悩むポイントになるでしょう。

しかし、インプラント治療中の歯のない期間は仮歯を入れる場合が多いので、周囲に歯がないことを知られる可能性は低いといえます。インプラントは審美性が高く、寿命も長い治療法です。インプラント治療に興味がある方は、歯科医院を受診してカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

インプラントでお悩みの方や不明点がございましたら、神奈川県綾瀬市にある武内歯科医院にお気軽にご相談ください!

歯医者で検診中の女性

【比較】インプラント・ブリッジ・入れ歯の違いとは?メリット・デメリットも詳しく解説!

 

皆さん、こんにちは。綾瀬市にある武内歯科医院です。

歯医者で検診中の女性

むし歯や歯周病などが原因で歯を失ったときに、見た目や噛み合わせの悪化を防ぐため早期に治療することが大切です。歯が欠損した部分を補填するには、インプラント・ブリッジ・入れ歯といった方法があります。

それぞれの治療方法の特徴や、メリット・デメリットを理解して最適な方法を選択しましょう。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の違い

歯医者の治療方法

インプラント・ブリッジ・入れ歯は、審美性や機能面はもちろん、治療するうえで重要な費用面などでも、さまざまな違いがあります。

それぞれの治療方法の比較は、以下のとおりです。

<インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較表>

インプラント ブリッジ 入れ歯
審美性 最も審美性に優れている 比較的審美性に優れている 審美性はやや劣る
咬合力 天然歯と同様に噛める ほぼ天然歯と同様に噛めるが、支えになる歯の状態によっては不具合を感じることもある 天然歯と比較すると咬合力は低下する
耐久性(平均寿命) 10~15年ほど 7~8年ほど 4~5年ほど
装着時の違和感 違和感はない ほぼ違和感はない 違和感や異物感をもちやすい
外科的処置 外科的手術が必要になる 必要ない 必要ない
歯を削る処置 必要ない 歯を削る処置が必要になる バネをかける場合は歯を削ることがある
治療期間 3か月~1年ほど 1~3か月ほど 2~3か月ほど
他の歯への影響 ない 支えになる歯に負担がかかる 部分入れ歯の場合、バネをかける歯に負担がかかる
顎骨への影響 ない 歯がない部分の顎骨が吸収し痩せることがある 歯がない部分の顎骨が吸収し痩せることがある
保険適用 保険適用外(自費診療) 保険適用
審美的・機能的に優れたものを選択した場合は保険適応外になる
保険適用
審美的・機能的に優れたものを選択した場合は保険適応外になる

 

インプラント・ブリッジ・入れ歯それぞれのメリット・デメリット

メリットとデメリット

インプラント・ブリッジ・入れ歯、それぞれの治療方法にはメリット・デメリットが存在します。失った歯を補うにはどの治療が最適なのかを歯科医師と相談しながら決めましょう。

インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療とは、歯が欠損した部分の顎骨に人工歯根を埋め込み、それを土台にセラミックなどで作った人工歯を取り付ける治療です。

インプラントのメリット・デメリットを以下の表にまとめました。

<インプラントのメリット・デメリット>

メリット ・天然歯と同様の機能性や審美性が実現する
・周囲の歯や顎骨に負担がかからない
・骨や歯茎が痩せにくい
デメリット ・治療費が高額である
・治療期間が長い
・条件によっては治療適応外になることがある

インプラントの大きなメリットは、天然歯と同様の噛み心地や見た目が実現するところです。人体に親和性の高い素材でできた人工歯根を埋め込むため、顎骨にしっかりと固定されます。しっかりと物を噛めるだけではなく、噛む力が骨に伝わるため骨や歯茎が痩せにくくなるといったメリットもあります。

デメリットは、基本的に保険が適用されず、自費診療となるところです。1本30〜40万円と費用は高額になりますが、医療費控除の対象となるため忘れずに申請しましょう。

インプラント治療は外科的手術を伴うため、年齢や健康状態によっては受けられない可能性もあるので、注意が必要です。

ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジとは、欠損した部分の両隣にある歯を削り土台を作り、橋渡しをするように人工歯と一体型の被せ物を装着する方法です。

ブリッジのメリット・デメリットを以下の表にまとめました。

<ブリッジのメリット・デメリット>

メリット ・保険適用のブリッジであれば費用を抑えられる
・治療期間が短い
・固定式である
デメリット ・歯を削る必要がある
・土台となる歯に負担がかかる
・むし歯や歯周病のリスクがある

ブリッジは、使用する材料にセラミックなどを選択すると保険適用外にはなりますが、審美性・機能性の優れた治療を行なえます。「前歯は保険適用外のブリッジ、目につきにくい奥歯は安価な保険適用のブリッジ」というように選択できるのも特徴のひとつです。

土台の歯がむし歯になっていて根の治療が必要になると、治療期間は長くなる傾向があります。また、ブリッジは被せ物をするために歯を削らなければなりません。健康な歯を削るのは歯の寿命を短くすることにも繋がるため、大きなデメリットと言えるでしょう。

ブリッジの人工歯部分には食べかすやプラークがたまりやすく、むし歯や歯周病のリスクが高まります。欠損歯が多かったり土台にできる歯がない場合は、ブリッジの治療適応外なので注意しましょう。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯には、歯を失った場所に応じて、総入れ歯と部分入れ歯の2種類があります。部分入れ歯は、入れ歯を支えるために残っている歯に固定するバネがついている構造です。

入れ歯のメリット・デメリットを以下の表にまとめました。

<入れ歯のメリット・デメリット>

メリット ・保険適用の入れ歯であれば費用を抑えられる
・治療期間が比較的短い
・修理ができる
デメリット ・違和感や異物感を持ちやすい
・咬合力が弱い
・バネをかける歯に負担がかかる
・入れ歯の管理が必要である

入れ歯のメリットは、多数の歯を失ったとしてもインプラントやブリッジと比較して費用を抑えて歯を補えることです。壊れても簡単に修理ができるのは入れ歯の大きな特徴と言えるでしょう。

デメリットは、面積が大きくなるほど違和感や異物感をもちやすいことです。保険適用外にはなりますが、金属製の薄い入れ歯やバネがない入れ歯を製作するのは可能なので、歯科医院で相談することをおすすめします。また、寝る前は入れ歯を外し、汚れを落として清潔に保つ必要があります。部分入れ歯の方は、入れ歯の管理はもちろん、残った歯を歯磨きしてむし歯や歯周病から防がなければなりません。

インプラント治療が向いている人

歯科検診

インプラント治療は、審美性や機能性に優れていてメリットの多い治療方法です。

しかし、健康状態や生活習慣などによってはインプラント治療適応外、または予後が悪くなってしまいます。インプラント治療が向いているかを自分で確認してみましょう。

インプラント治療に向いている人

インプラント治療に向いている人の特徴は、以下のとおりです。

  • 審美性や機能性を重視している人
  • 入れ歯が不向きだと感じる人
  • ブリッジ治療ができない人

それぞれ解説していきます。

審美性を重視している人

審美性を求める方にはインプラント治療が適しています。インプラント治療であれば、天然歯と同様の歯の透明度や色調を再現できます。ブリッジ・入れ歯のように金属やバネが目立つことはありません。

入れ歯が不向きだと感じる人

入れ歯を装着したことがあり嘔吐反応や違和感がある方には、インプラントが向いています。インプラントは顎骨に埋め込んで固定するため、ずれることなく天然歯同様に噛めるのが特徴です。外す必要がないため、入れ歯の着脱に抵抗がある人にも安心です。

入れ歯を装着して、話しにくい・発音に影響が出たと感じる方もいるでしょう。インプラントは、発音に影響することがなく、人前で話すような職業の人に向いています。

ブリッジ治療ができない人

ブリッジの土台にする歯がない・土台にする歯の強度がないといった場合は、ブリッジ治療ができず、インプラント治療を選択することがあります。

インプラント治療では、ほかの歯を削って土台として負担をかけることはありません。ブリッジ治療はできませんが、入れ歯には抵抗がある人にはインプラント治療は最適といえます。

インプラント治療に向いていない人

インプラント治療に向いていない人の特徴は、以下のとおりです。

  • 骨粗鬆症である人
  • 糖尿病などの全身疾患がある人
  • 若年者・高齢者・妊娠中の人
  • 口腔内を清潔に保てない人
  • 喫煙習慣がある人

それぞれ解説していきます。

骨粗鬆症である人

骨粗鬆症は、骨の密度や質が低下し、骨がもろくなる病気です。インプラント治療では、顎骨にチタンなどでできた人工歯根を埋め込む治療が必要です。骨粗鬆症によりもろくなった顎骨に埋め込むと、人工歯根が密着しなかったり抜けてしまったりと不具合が起こる可能性があります。また、骨粗鬆症の治療薬によっては、外科手術の際に細菌感染や顎骨壊死の可能性があることも考慮しなければなりません。

糖尿病などの全身疾患がある人

以下のような全身疾患がある場合は、医師と相談しインプラント治療に関して慎重に対応しなければなりません。

  • 高血圧
  • 心疾患
  • 脳血管障害
  • 糖尿病
  • 免疫不全
  • 放射線治療を受けている

感染や出血などのリスクから、インプラント治療が禁忌となる場合があります。疾患の症状によっては、薬剤をコントロールすることでインプラント治療が可能になる場合があるため、医師・歯科医師とよく相談しましょう。

若年者・高齢者・妊娠中の人

年齢が若く成長期の過程にある場合は、顎骨が完成するまではインプラント治療はできません。全身疾患を患っている可能性が高く外科的手術が難しい高齢者も、インプラント以外の治療を選択する可能性が高いです。妊娠中のインプラント治療は、母子双方の安全を考慮し、出産後に行ないましょう。

口腔内を清潔に保てない人

口腔内が不潔な状態が続くと、インプラント周囲炎を引き起こすことがあります。インプラント周囲炎とは、インプラント周辺の組織が細菌感染を起こし、腫れたり出血したりする症状です。

歯磨きなどのセルフケアや歯科医院での定期的なメンテナンスが難しい方は、インプラント治療に不向きといえます。

喫煙習慣がある人

喫煙は、歯茎の毛細血管を収縮させ、血流が悪くなります。インプラント周囲炎やインプラントと骨が密着しにくくなるリスクが高まるため、禁煙を指示されることが多いです。

まとめ

歯医者

納得して自分に合った治療を受けるには、それぞれの治療の特徴を理解することが大切です。健康状態や生活習慣によって受けたい治療が受けられない場合もあるため、歯科医師とよく相談してください。

どの方法を選ぶべきかお悩みの方や不明点がございましたら、神奈川県綾瀬市にある武内歯科医院にお気軽にご相談ください!

インプラント手術は痛い?痛みの原因や緩和するために気を付けることについて解説!

皆さん、こんにちは。綾瀬市にある武内歯科医院です。

インプラント治療を検討しているが「インプラントは痛い」という噂を聞いて、選択するか迷ってはいませんか。

痛みに敏感な方や歯科治療が苦手な方にとって「痛い」と聞くと不安になると思います。実際にインプラント手術では、個人差がありますが痛みを感じる場合があります。そこで本記事では、インプラント手術で痛みを感じやすい時期について、痛みを緩和させる過ごしかたを紹介します。インプラント手術は痛いのか気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

インプラント手術時間と回数は?

インプラントは、顎の骨にインプラント体を埋め込む際に外科手術をおこないます。はじめてインプラント手術を受ける場合「手術時間はどれくらいかかるのか?」「手術は何回受けるのか?」など疑問点も多く緊張や不安も大きいでしょう。

以下に、インプラント治療の手術回数と時間に対する疑問について解説していきます。

インプラントの手術回数は1回または2回

インプラント手術には、1回法と2回法の2種類の方法があります。

1回法は、インプラント手術を1回で完了させる方法です。人工のネジ(インプラント体)を顎の骨に埋め込む手術をする際に、インプラント体と被せ物を連結させるアバットメントまで取りつけます。インプラント手術後は、歯茎からアバットメント部分が見えている状態です。1回法は、顎の骨の状態が良く口内環境が整っている・全身の健康状態に問題がない場合に採用されます。

2回法は、インプラント手術を2回にわけておこなう治療法です。顎の骨にインプラント体を埋め込む際、インプラントを露出させない状態で歯茎を縫合します。この状態で顎の骨とインプラント体の結合を待つ待機期間を設けます。顎の骨とインプラント体が結合したら、再び歯茎を開き、インプラント体にアバットメントを装着します。二回法は、歯茎からインプラント体が露出していないので、細菌感染のリスクが少なく、ほとんどの症例で適応できる治療法です。

どちらの術式を採用するかは、顎の骨や全身の健康状態などを考慮して歯科医師が判断します。

インプラントの手術時間は1〜3時間

インプラントの手術時間は、1回法・2回法とともに1〜3時間が目安です。インプラント体を埋め込む手術自体は、1本あたり30分ほどで完了します。

しかし、手術前の口内の消毒や麻酔・術後の処置や説明などの時間をあわせると長時間の滞在になるでしょう。2回法の2回目の手術は、麻酔などもあわせて30分~1時間ほどで完了する場合が多いです。

インプラントの手術中の痛みは?

「手術」と聞くと痛みがないか不安に感じる方が多いと思います。インプラント手術は、麻酔をおこなってから手術するので痛みを感じることはほとんどありません。

インプラント手術中に痛みがでるケースは、以下の2つが挙げられます。

  • 局所麻酔の注射をするとき
  • インプラント手術のとき

詳しく解説します。

局所麻酔の注射をするとき

インプラント手術中は手術部位に局所的な麻酔をかけるので、痛みを感じることはほぼありません。

ただし、麻酔をかけるときは痛みが生じます。インプラント手術で使用する麻酔は、虫歯や抜歯の際に使用する麻酔と同じケースが多いです。歯科の麻酔は歯茎に注射して麻酔をかけるので、注射をする際に「チクッ」とした痛みがあります。注射針を刺したことが原因の痛みなので、痛みを感じるのは一瞬です。

しかし、なかには痛みに弱く、一瞬の痛みでも不安や避けたい気持ちがある方もいるでしょう。このような場合「表面麻酔」といわれるゼリー状やゲルタイプの麻酔で歯茎の感覚をなくして注射すると、痛みを感じることなく注射を受けられます。注射の痛みが苦手な方は、事前に主治医に相談しておくといいでしょう。

インプラント手術のとき

インプラント手術中は、麻酔をしているので基本的には痛みは感じません。

しかし、麻酔の効きかたには個人差があるのはもちろん、麻酔する部位や体調によっても変化します。同じ量でも、人によっては麻酔がなかなか効かない・途中で麻酔が切れてしまうなどのリスクがあります。手術中に痛みがでた場合は、我慢せずに主治医またはスタッフに伝えるようにしましょう。手術中に痛みが出た場合は、麻酔を追加して対応します。

痛みが苦手で不安がある方は、あらかじめ相談しておくと手術中に痛みがでないように麻酔の量を調整してもらえる可能性があります。

痛みや歯科治療への不安が大きい方は静脈内沈静法の検討も!

局所麻酔をおこなうと手術部位の痛みを抑える効果が得られます。

ただし、痛みは抑えられますが、ドリルの振動や器具を使用する音・周囲の会話などは普段と同じようにわかる状態です。歯科治療が苦手な方や痛みに敏感な方にとって、音や振動だけでも不安や恐怖を感じてしまいます。不安や恐怖心が大きい方は「静脈内鎮静法」に対応しているクリニックでの手術を検討するといいでしょう。

静脈内鎮静法は、全身麻酔とは異なります。静脈に点滴をおこない感覚を鈍らせる効果があり、半分眠ったようなリラックスした状態で手術を受けることが可能です。痛みや歯科治療の恐怖心を和らげる効果が期待できます。

インプラント手術後の痛みや腫れは?

 

 

インプラント手術後の痛みや腫れについて不安を感じる方は多いです。ここでは、インプラント手術後の痛みや腫れがどのようにでるのか解説します。

インプラント手術後に起きる痛みや腫れ

インプラント治療後、麻酔がきれると痛みを感じる場合があります。痛みは抜歯後の痛みに近く、鎮痛剤を服用すると緩和される程度の痛みです。一般的に、痛みのピークは2〜3日で、1週間ほどすると改善されるでしょう。なかには、痛みと同時に腫れや内出血がでる方がいます。腫れ・内出血は、インプラント手術を複数本おこなった場合や、顎の骨の量を増やす骨造成術を同時におこなった場合などに起きやすいです。腫れ・内出血は10日ほどかけて徐々に消失していきます。

ただし「鎮痛剤を飲んでも強い痛みがある」「腫れが、なかなか引かない」など気になる症状があるときは、早めに担当医に相談するようにしましょう。

抜糸の痛み

インプラント手術は、術部の歯茎を縫合して完了です。1週間ほど経過して、ある程度傷口が治癒したら抜糸をおこないます。

ただし、抜糸で歯茎から糸を抜くときに痛みを感じる場合があります。痛みはチクチクと感じる程度なので、抜糸の際は麻酔をせずにおこなうケースが一般的です。

しかし、痛みに敏感な方は抜糸の痛みも我慢できるか不安に感じるでしょう。痛みに不安がある場合は、事前に歯科医師に相談すると表面麻酔をおこなうなどの対処をしてもらえる可能性があります。

インプラント手術後の痛みを緩和するために気を付けること

インプラント手術後は、痛みや腫れが起きやすい状態です。少しでも痛みや腫れが緩和するために気を付けることは、以下の3つがあげられます。

  • 刺激の強い食べ物やアルコールは控える
  • 入浴は控えてシャワー程度にする
  • 運動は控える

詳しく解説します。

刺激の強い食べ物やアルコールは控える

インプラント手術は、おこなった当日から食事が可能です。

ただし、手術の際に使用した局所麻酔で口内の感覚は鈍っている状態でしょう。麻酔が効いている間は、舌や頬を噛みやすく冷温の感覚も鈍っているので、やけどのリスクも高くなります。食事は、局所麻酔が切れてから摂るようにしましょう。

また、術後の数日間は「おかゆ」や「うどん」など、やわらかめの食事で歯茎を刺激しないように心がけてください。刺激の強い香辛料や甘いものもこの時期は控えるようにしましょう。飲み物も食事と同様に刺激が強いものは控えます。特に、アルコールは血行が促進され再出血や傷口の腫れに繋がるので、術後1週間は控えるようにしましょう。

入浴は控えてシャワー程度にする

インプラント治療後は、入浴にも注意が必要です。手術当日から数日間は、出血や腫れがでやすい時期といえます。この時期に血流がよくなる行動をすると、出血や腫れが引きにくくなり痛みを長引かせる可能性が高くなるのです。

入浴の際は湯船に浸かるのは控えて、ぬるめのお湯でシャワーを浴びる程度にしましょう。傷口が落ち着けばふだんどおり入浴できます。

運動は控える

インプラント手術後2〜3日は、運動を控えるようにしましょう。運動は、入浴やアルコールなどと同様に体の血流が良くなります。血流が良くなると、出血や腫れが現れやすくなるので痛みが長引く可能性があります。個人差はありますが、痛みや腫れの症状がなければ、術後2〜3日後から軽いウォーキング程度なら運動の許可がおりるでしょう。

ただし、運動により疲れが蓄積されると体の抵抗力が低下します。抵抗力の低下は、細菌感染をおこすリスクを高めてしまうので、術後は免疫力の低下を避けるためにも安静を心がけてください。

痛みが続く場合は?

インプラント手術は、術後数日間〜1週間程度は痛みや腫れがでやすい状態です。痛みの程度や感じ方は個人差が大きいので1週間以上、痛いと感じる方もいます。個人差はありますが、時間の経過とともに傷口が落ちつくと痛みや腫れも和らいでいくのが一般的です。

しかし、鎮痛剤を飲んでも解消されない激しい痛みや1か月以上痛みの程度が変わらない場合は注意が必要です。インプラント部分の歯茎や骨が細菌感染して、炎症している可能性があります。痛みが長引くのは何かしらの異常がある可能性が高いので、我慢せずに早めにクリニックを受診し、主治医に相談するようにしましょう。

まとめ

インプラント手術は痛みをともなう場合があります。痛みの有無は、インプラントをおこなうかどうかの判断ポイントの一つになるでしょう。インプラント治療で「痛い」と感じるときは、インプラント手術中とインプラント術後に現れる場合がほとんどです。痛みは、局所麻酔や鎮痛剤で対処できる程度の痛みなので、不安がある方は事前にクリニックに相談するといいでしょう。また、術後は少しでも早く痛みが緩和されるように「飲食物」「入浴」「運動」については主治医の指示を守るように心がけることが大切です。

インプラントで痛みや違和感のある方、そのほか不明点がございましたら、神奈川県綾瀬市にある武内歯科医院にお気軽にご相談ください!